神奈川 川崎 海鮮丼 マグロ丼 どんぶり屋まぐろ大将

2020/09/15 まぐろ大将日誌
つじ半

こんにちは。

川崎は、鹿島田駅前通り商店街、

どんぶり屋まぐろ大将のまぐろバカ

店主の西潟です(^_^)。

昨日の昼は、日本橋のつじ半へいってきました。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

ちょっと変わったねぎとろ丼を提供している

お店です。日本橋本店の他にも数店あります。

ねぎとろ丼と言っても、白飯に少量のタレがかかり、

ごまを振りかけた上に、まぐろやカニのほぐし身や

貝類が混ざり合ったものをのせ提供してくれます。

小皿には、

天然ぶりの切り身4切れ位にゴマだれベースのたれが

かかっていました。

ここの丼の食べ方の特徴は、

そのまま全部を食べるのではなく、

半分位まで食べたら、

大将に「出汁お願いします!」と言って、出汁を丼に

入れてもらい、

小皿のゴマだれの天然ぶりを2切れ位入れて食べます。

この出汁を入れて食べさせる演出はいいなーと思いま

したし、やさしい鯛出汁は箸をすすめます。

ねぎとろの具も食感が楽しめ、

毎日行列が出来る理由もわたりました。

非常に勉強になりますた!

ご馳走様でした。

つじ半はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13146590/

ではまたm(__)m。

川崎で、鹿島田で、新川崎で、

海鮮丼、マグロ丼、にぎり寿司、お刺身、

まぐろのサク、お取り寄せグルメ、

ランチ、お持ち帰り、テイクアウト、UberEstsは

どんぶり屋まぐろ大将へ(^_^)。