神奈川 川崎 海鮮丼 マグロ丼 どんぶり屋まぐろ大将

2021/04/06 まぐろ大将日誌
アイルの天然本まぐろ

こんにちは。

川崎は、鹿島田駅前通り商店街、

どんぶり屋まぐろ大将のまぐろバカ

店主の西潟です(^_^)。

まぐろってお子さんからご年配者の方々まで

幅広い方にご指示(まぐろが好き)頂てますね。

これ不思議に思いません。

私の57年の人生の中でまぐろ大嫌いと聞いた事ないんです

もちろん嫌いな方のいらっしゃると思いますがあまり聞き

ません(^_^)

不思議ですね。

まぐろって日本の食文化の代表ですよね。

私たち日本人の食の誇りですよね。

でもまぐろって日本だけでなく世界に目を向けても

もの凄い産地と漁獲量があります。

私まぐろバカの推奨するアイルランド産天然本まぐろ、

なぜ推奨するかというと、旨いからです。

ここで皆さんにお話ししておきます。

言い方が悪い事をまずお許し下さい。

これ固執してます・・・

生のまぐろが上手い。大間のまぐろが最高。

びんちょうまぐろやキハダマグロはひとつランク下。

これ固執です。

冷凍のまぐろ美味しいです(これ解凍技術が必要ですが)

キハダマグロもビンチョウまぐろも美味しいです。

大間のまぐろも美味しです。

何が言いたいかというと・・・

有名だから旨いまずいではないんです。

冷凍だから旨いまずいではないんです。

そのまぐろ自体に旨いまずいがあるんです。

例えば、カレーライスをつくるとします。

同じルーを使用し別の2人に作ってもらいます。

同じ味になりますか?

まぐろを例えば、キハダマグロをとっても

旬の3月のキハダマグロと6月のキハダマグロとでは

味も違います。逆に6月の時のキハダマグロが旨い時も

あります。

その時の状況で変わります。

私的には、旬はその時の一番旨い時期との認識はなく

(一般的な目安として旬はありですが)

やはりその時の魚を目でみてみないと分かりません。

旨い魚の見分け方とが重要と思っております(^_^)

ちょっとわかりにくかったと思いますが・・・

まとめると

いくら旬であっても、生でも冷凍でも

見てみないと分からないということです。

これが言うなれば「目利き」と言われるゆえんたど思います

旨いまずいは固執脱却から!

ではまた(^_^)

神奈川で、川崎で、鹿島田で、新川崎で

マグロ丼、海鮮丼、にぎり寿司、お刺身盛合せ、

天然まぐろのサク、天然本まぐろのサク、一つ一つが手造り

旨い干物、通販、お取り寄せ、お取り寄せグルメ、ギフト

贈物、ランチ、ディナー、お持ち帰り、テイクアウト、

宅配、デリバリー、UberEsts、MENU、foodpandaなど

デリバリーサービスもどんぶり屋まぐろ大将へ(^_^)